すたっふぶろぐ

2016年6月アーカイブ

» 研修旅行


 6/25-26でライフラインの研修旅行へ行ってまいりました

一泊二日で福井へ向かいました

途中恐竜博物館

IMG_5844.JPG

一日目はあはら温泉で一泊

IMG_3693.JPG

いいお風呂と食事でした。


二日目は東尋坊と永平寺

IMG_5980.JPG
IMG_6003.JPG

個人的には永平寺がとてもよかったです

リフレッシュして7月からも頑張っていきますよ!

お客様サービス:平野



» 『64(ロクヨン)』行って来ました!!!


林.jpg話題の映画
『64(ロクヨン)』行ってきました!

64eiga.jpg

誰といったか?

林.jpgそれは ヒ ミ ツ です ♪ ♪ ♪

『64(ロクヨン)』は、横山秀夫による日本の推理小説。

わずか7日間で幕を閉じた昭和64年(1989年)、
D県警管内で17歳の少女・雨宮翔子が誘拐され、殺害される事件が起こりました。
ここからストーリーが始まります。

640 natukawa.jpg

作家横山秀夫は「半落ち」「クライマーズ・ハイ」などで知られるベストセラー作家
「半落ち」「クライマーズ・ハイ」もなかなか良かったです。
半落ちは読み終えたあと、考えさせられるものがありました。


この作品は2012年「週刊文春ミステリーベスト10」第1位、
2013年「このミステリーがすごい!」第1位など高い評価を得た警察小説
「64(ロクヨン)」を映画化した2部作です。

私が今回観たのは(誰と?)前編で
佐藤浩市を筆頭に、綾野剛、榮倉奈々ら若手から
永瀬正敏、三浦友和らベテランまで、豪華キャストがわんさか、わんさかと
それはそれは見応えたっぷりの映画でした!!!

640eita.jpg

事件は未解決のまま14年の時が流れ、
平成14年、時効が目前に迫っていました。
(あんまり言うとこれから鑑賞される方々に申し訳ないので、、さわりだけ、、、)

かつて刑事部の刑事としてロクヨンの捜査にもあたった
三上義信は、現在は警務部の広報官として働き、記者クラブとの確執や、
刑事部と警務部の対立などに神経をすり減らす日々を送っていたところに
ロクヨンを模したかのような新たな誘拐事件が発生します。

640 eiga20160623.jpg
皆さんも是非、ご覧になってください!
「前編」の佐藤浩市ラストシーンは圧巻です!

男の私がみても惚れてしまいます。

あ、あ、惚れるだなんて、
林.jpg今、私がゾッコンなのは
   〇〇〇〇〇だけです。

後編が楽しみです!

後編は誰と行くか?って?

林.jpgそれは ヒ ミ ツ です ♪ ♪ ♪


   林.jpgリフォームチーム  林でした 






» 王羲之から空海へ


大阪市立美術館開館八十周年記念という事で
日中の名筆 
漢字とかなの競演を観てきました。
(と、いっても5月の事ですが、、、、、、)

こちらはチケットです。
20160623110636_00001.jpg

そして大阪市立美術館
こちらは大阪市天王寺区の天王寺公園内にある美術館です。
1914年(大正3年)に住友家本邸が建てられたところで、後に住友家から美術館建設を目的に日本庭園「慶沢園」とともに敷地を寄贈され、1936年(昭和11年)に旧本邸跡地に開館しました。
2015年は美術館の建物が国の登録有形文化財に登録されました。
こちらの建物を見学するだけでも、値打ちのある美術館です。
town20160422164219.jpg

中のホールも素敵です。
Osaka_Municipal_Museum_of_Art_-_central_hall_-_DSC05819.JPG

さて、話は戻りこちらの大阪市立美術館は毎年日展も開催する程
格式の高い展覧をされますが、今年は開館八十周年記念という事で
更に気合いが入っていりのか、熱い展示が盛り沢山です。

集王聖教序(しゅうおうしょうぎょうじょ)
王羲之(おうぎし) 
唐・咸亨三年(672)
1300年程前の書です。
17593120160623.jpg
「聖教序」は、玄奘(げんじょう)がインドよりもたらした仏典を翻訳して奉じた際、
唐の太宗(たいそう)から賜った序文だそうです。
長安の弘福寺の僧懐仁(えにん)が王羲之の書を集めて碑に刻し、
咸亨三年(672)に成ったものです。

貴重な書にため息が連発です。

7月にはデトロイト美術館展
大西洋を渡ったヨーロッパの名画たち
モネ、ルノワール、ゴッホ、セザンヌ、マティス、ピカソなど印象派、
ポスト印象派の作家による作品の数々。

L181768-0001-001.jpg
またまた素晴らし名画がやってきます。
7月が楽しみです。


      リフォームチーム  すさみでした。

» 練り合わせた休日のできごと




5月といえば・・・


東灘区の春の風物詩、だんじり。


毎年5月には、区内を各地区のだんじりが勇壮に駆け巡り、街の通りは

お祭り大好き人間であふれます。


関西・西日本の祭礼のひきもので、車輪をつけた車上に人物・草木・鳥獣などの

飾りを立ててやしを行い引いて練って行くもの。


らしいです。


7歳の長男は、昨夜からお祭りモード。

当日、3歳の娘は渋っていたものの

「お菓子もらえるで!」の一言で、お祭りモードへ!



DSCN5535.JPG



街中を練り練り練って回ります・・・。



DSCN5554.JPG


休憩中も練ってます・・・。


この後、夕方まで街中や宮入りで練りまわり


さすがの元気な2人もクタクタで、こんな感じです・・・。



DSCN5573.JPG



寝ている間も練ってます・・・


とある休日のできごとでした。


ちゃんちゃん♪




集合チーム:田中


» うはらまつり


 毎年東灘で開催されている「うはらまつり」

004.JPG

昨年に続きライフラインも参加させて頂きました

当日は天気もよく祭りも大盛況でした

ライフラインのお店にご来店いただいた皆様

ありがとうございました

IMG_1190.JPG

ライフラインではこういった地域での活動も

精力的に行っております

地域の皆様に愛される会社になるため

これからもより一層努力していきます

お客様サービス:平野






当社のフェイスブック

当社のフェイスブック
コムランゲージスクール

コムランゲージスクール