すたっふぶろぐ

2015年10月アーカイブ

» 商品のおまけ


 つい最近まで会社の自販機でやっていたキャンペーン

アタリ缶におまけが付いてくるというものですが

こういうモノに妙に惹かれてしまうタチなのです

大してのども乾いていないのに

缶コーヒーを買ったりしてました

当たった瞬間は喜ぶのですが

今は机の片隅に転がっています

こういうところを直さないから物が片付かないんだろうナァ・・・

IMG_2106.JPG



お客様サービスT:平野





» 御影ハロウィン 開催していました。


本日、業務中に、御影クラッセの前を通過したら
             スタンプラリー 御影ハロウィン を開催していました。
PA250004.JPG
10年前だったら、
      ハロウィン=かぼちゃ(ジャック・オ・ランタン)の祭りってなに??
ハロウィン、あるいは、ハロウィーン: Halloween または Hallowe'en[※ 1][※ 2])とは、毎年10月31日に行われる、古代ケルト人が起源と考えられている祭りのこと。もともとは収穫を祝い、悪霊などを追い出す宗教的な意味合いのある行事であったが、現代では特にアメリカ合衆国民間行事として定着し、祝祭本来の宗教的な意味合いはほとんどなくなっている。カボチャの中身をくりぬいて「ジャック・オー・ランタン」を作って飾ったり、子どもたちが魔女お化け仮装して近くの家々を訪れてお菓子をもらったりする風習などがある[1]

今では、 ルパンⅢの仮装やリカちゃんの仮装に数万円掛ける人もいると聞きます。
現場もいろいろな仮装している子供さんや親子連れが多く見受けられました。
私は見て自分は出来ないなーと思い 次の現場にいきました。

                                                                 お客様アドバイザー2G 祖父江

» そば打ち


新そばには2種類あり、夏新と秋新があります。 

通常、新そばというと、秋新のほうをいい、秋の新そばが出回るのは
10月下旬から11月上旬と言われてます。

さて、蕎麦はもっぱら頂くほうだったのですが、
ある有名な大阪の蕎麦屋で、秋新そば打ち体験ができるとの事で友人に誘われ行って参りました。
soba5.jpg
石臼でゆっくり丁寧に蕎麦の実を挽いていきます。
なぜ?ゆっくり?
早く挽くと無駄な熱を蕎麦粉に与え、その結果風味、味が変わってくるとのことです。
なのでゆっくり、ゆっくり


また、蕎麦はその日の気温、湿度で水の量を調整します。
この所、乾燥しているので水は少し多めにいれました。
これは、菊練りの作業です。
めん鉢で水まわしのあと練っていきます。
  soba9.jpg
(--;)汗がでてきます。


練りの作業が終えると、今度は丸出し。
蕎麦の生地を丸く、薄くのばしていきます。
丸出しが終わると、角だしへと工程が変わります。
soba1 - コピー.jpg


角だしが終わると最後の作業、蕎麦を切っていきます。
この作業がもっとも華やかな作業。
が、しかしなかなか均等で、細く切る事は難しい~~~~~。
soba3.jpg

なんとか切れました。太さはバラバラです。(泣)
soba20101.jpg


こちらは店主が打った蕎麦です。みるからに美味しそうです。
soba7.jpg
「美味しい!」あちらこちらで聞こえてきます。
次は自分で打った蕎麦をいただきました。
「・・・・!」

そば打ちは奥が深いですね。
やはり、お店で頂くのが一番かも、、、、

秋の新そば、みなさんも楽しんでくださいませ。

  お客様アドバイザー1G  スサミでした。






» 秋の散策


この所、気持ちの良い日が続いています。
近くを散策する予定でしたが、おもいきって少し遠くまで足をのばしてみました。

こちらは、ある集落の古民家です。

最近は古民家をリノベーション(改装)して自宅や別荘にしたり、カフェにしたりと
需要が多くなっています。

もちろん色々な条件が揃っての事ですが、、、
こちらの小屋にも沢山の問い合わせがあるそうです。

ブロク画像5.jpg

農家の方にBBQを御馳走していただきました。
旬の野菜に海の幸等、、、

ブロク画像4.jpg

美味しい空気、水、
外で戴く食事は最高です。

ブログ画像6.jpg
食欲の秋、まだまだ足を延ばして散策したいと思います。

    リフォームチーム  浜田

当社のフェイスブック

当社のフェイスブック
コムランゲージスクール

コムランゲージスクール