すたっふぶろぐ

» Picasso美術館


パリ便り 第2弾

親戚より送られてくた画像です。
パリ市内のマレ地区 ピカソ美術館

IMG_0433werwr.JPG

ピカソ美術館は、あの誰もが知超有名画家パブロ・ピカソの作品を収蔵・
展示している国立の美術館で、パリ3区の南部に位置しているとか、、、

で、ピカソの遺族が相続税として物納した作品が中心となっており、
1973年に死去したピカソが最後まで手元に留めていた貴重なものが多いらしい。

『ドラ・マールの肖像』
awqer.JPG

画家で写真家のドラ・マール。
美貌と才気をかねそなえたドラ・マールはピカソの心をとらえ、
創作意欲を刺激したそうです。
この美しい肖像には、真っ赤に塗られた長い爪、
くっきりとした二重の目などドラ・マールの風貌の特徴に加えて、
知性や意思の強さといった内面的な特質が、みごとにとらえられています。

IMG_0384czxz.JPG

青の時代」と呼ばれている初期の代表作『自画像』をはじめとして、
『籐椅子のある静物』・『肘掛け椅子に座るオルガの肖像』
『浜辺を駆ける二人の女 (駆けっこ)』・『牧神パンの笛』
『ドラ・マールの肖像』・『接吻』などが盛り沢山あるそうです!

IMG_0417tuiityi.JPG

美術館の建物は、もともと塩税徴収官の邸宅であったことから、
「サレ館(塩の館)」と呼ばれているそうです。
歴史を感じますね。

IMG_0370hdk.JPG

地下1階から出た中庭だそうです!
こちらも素敵ですね!

IMG_0420bnbm.JPG


  リフォーム  浜田


» ブーローニュの森


パリに行ってきた親戚の便りです。

パリ郊外16区のブーローニュの森へいってきたとか、、、

昨今のスマートフォン事情で簡単に画像が送られてくるので
世界が近くなりました。

buro-nyu2.jpg

ブーローニュの森は14世紀ごろから貴族の狩りの場所。
想像ですが、ベルばらでお馴染みのルイ15世や16世もきっと
狩りに行っていたのでしょうね。(笑)

IMG_0724oiuy.JPG

そんな森が今も点在しています。
ディズニーランドの2倍もの広さを誇るブーローニュの森。
日本にはなかなかここまで都会の真ん中で広大な森はありません。

(女の子が孔雀を追いかけています!)
IMG_0727oiukhg.JPG

こちらは川下りでしょうか?
写真奥に小さいボートがゆっくりと川を下っています。
本当に優雅ですね。

IMG_0725hfipryi.JPG

 そんな、ブーローニュの森のそばに2014年よりルイビトン財団が設立した
フォンダシオンルイヴィトンミュージアムがすぐそばに


IMG_0676asrrwe.JPG

フォンダシオンルイヴィトンミュージアムには
なんと!! ビンセント バン ゴッホの耳の切った自画像が、、


IMG_0697lkjhga.JPG

さすが、ルイビトン財団。
名画をお持ちで、(笑)


    リフォーム 浜田


» 休日ゴルフ


リゾートクラブ内にあるゴルフ場で自主練をしてきました!


IMG_0284lkjgbjdg11.JPG

ゴルフにまったく興味のない甥っ子を連れ出し
あの手この手でおだて、なんとかコースへ




調子よく打っていたら、、、

やはり、、、バンカーへ、、、、、

甥っ子「もう!いやぁ!帰ろう!」
    
    ほら、始まったー。

IMG_0280znzv11.JPG

なだめて、誉めて、

なんとかバンカー脱出。

(ほっ)

IMG_0279lkjiooiu11.JPG


脱出したのはいいけれど、
ちゃんとバンカーは砂地をきれいにならしておいてね。

甥っ子「あーおもしろくないーーーーー。」
   と、ブーブー言いながら
   レーキを持ちながらならしていきます。

紳士のスポーツなんだから、ふてくされないで、、、
と思うのですが、、(笑)

IMG_0281rwyru11.JPG

さあ、次は池があるから気をつけて!

    早速、

   ちゃぽん!!!

甥っ子のテンションは ↓  ↓  ↓ 下がりぱなしの一日でした。


IMG_0283dsah11g.JPG


最後にお互いのスコアの反省会も兼ねて

楽しい夕食をして家路にむかいました!(笑)

suteiki.png


    リフォームチーム  浜田






» 令和元年!東灘うはら祭り 


令和最初の東灘うはら祭り参加いたしました。
uharamaturi2019_01-thumb-autox649-85-thumb-460x649-86.jpg
☆彡 会場では東灘っ子をはじめ沢山の方が楽しまれておりました。
IMG_8662.JPGのサムネイル画像
☆ライフラインでは毎年
『シルクのようななめらか食感=シルクアイス
『冷た~いラムネ』を販売しております。
IMG_8664.JPGのサムネイル画像
☆午前中は曇が出ており涼しかったせいか売行きはあまりよくありませんでしたが、昼を過ぎたあたりからお日さまもsun'sunと照りだした結果多くの方にお買い求めいただきました(^^)/
ありがとうございました。
IMG_8666.JPG
☆ 舞台では様々な方が出演されていました
灘五郷(日本を代表する酒どころの一つ)として『灘の酒造り唄』をはじめ キッズダンス、バンド演奏、ゴスペル、和太鼓、チアダンス、よさこい様々な演目にぎわっていました
IMG_8667.JPG
うはら祭りお楽しみ抽選会』
1等は ロボット掃除機
2等は コードレススティッククリーナー 
3等は ガスファンヒーター【ライフラインから出品させていただいております!】
4等は 灘の美味しいお酒 福寿 
会場は、手に抽選券を持ち当選を待ち望んで最大の盛り上がりをみせておりました
3等 賞当選は・・・・ 小学校の女の子でした! おめでとうございました。

東灘の企業として ライフライン は皆様と共にこの地区盛り上げ、快適な住環境の創造に貢献できるようにまごころ込めてご対応させていただきますのでよろしくお願い致します。

エコロジーパワープロジェクトチーム 松崎


» 福井県「恐竜博物館」の巻!!


ゴールデンウイークに福井県の「恐竜博物館」へ行ってきました。
IMG_1418.jpegのサムネイル画像
この日は写真の通り清々しい快晴でした。すこし汗ばむ感じかな??。。。
IMG_1424.jpegのサムネイル画像
中に入るとT-REX(ティラノザウルス)のお出迎え。
すこし腰の引けた息子の手を引き、人をかき分け近づくとさすがにデカい迫力でした。。
博物館の中は空調が掛かっていましたが、息子も私もなぜかぽかぽか(興奮気味?)笑う

家族との思い出のアルバムにまた一つ残すことが出来ました。
福井県「恐竜博物館の巻」でした。。。

住ミカタ営業 松枝でした。

» 新元号奉祝行事だんじり巡行!!


いよいよ新元号「令和」スタート致しました
今年は新元号奉祝行事として、2019年5月1日
阪神間の45台の地車(だんじり)が東灘に大集結!!
lll.jpg
地区を代表するさまざまなだんじりが東灘区をダイナミックに爽快に練り歩きました
DSC_0520.JPG
DSC_0523_HORIZON.JPG
灘だんじりまつりは、神戸で一番大規模なだんじり祭りです。
だんじり祭りといえば大阪の岸和田だんじり祭りが有名ですが、神戸にもだんじりがあります。岸和田ほどは激しくないですが、だんじりを太鼓や鐘を鳴らしながら若者がだんじりの屋根ではたきみたいなものを振り回し、声をあげながら町中を練り歩いて行く。だんじり同士が出会った時などに見せるだんじりを起きあげたり、そのまま回転するなどの技は迫力満点。だんじりごとに鐘や太鼓の音や雰囲気なども違い、女だんじり、女御輿、子供だんじりがある町など様々な特色が楽しめます。

毎年恒例のゴールデンワィークの風物詩ですね。。。迫力がありました。。。

住ミカタ営業 大川


» ありがとう「平成」。ようこそ「令和」。


令和元年5月1日スタート!!

yjimage.jpg

「平成」を振り返りますと良い事・悪い事・楽しい事・悲しい事色んなことがありましたが
平和な時代に感謝でございます。
ありがとう「平成」。

いよいよ「令和」がスタートします。
わが社も60周年の節目の年に新年号に成りさらに記念と年に成りました。
ようこそ「令和」。

色んな期待を背負い新しい時代を素敵な時代へしていく覚悟でございます
これからも地域の皆様の安心安全と快適な住環境の創造に貢献し
地域社会の発展に従業員一同力を注いでまいります。
よろしくお願い致します

住ミカタ営業 大川

» 蕎麦猪口(そばちょこ)


蕎麦を打ち始めて、蕎麦よりハマったのは蕎麦猪口(そばちょこ)です。

953 werut.JPG

蕎麦猪口(そばちょこ)とは、もともとはお酒を飲むお猪口や小鉢、
湯飲みなどは、すべて「猪口(ちょこ)」と呼ばれていました。

なかでも江戸末期に庶民の間でお蕎麦屋さんが流行った頃、
頻繁に使用されるようになったのが口径5~8cmくらいの猪口。

そこで、この猪口をお酒を出すのに使われていたお猪口と
区別するために「蕎麦猪口」と呼ぶようになったそうです。

そんな私に友人より、三田に美味しいお蕎麦と「蕎麦猪口」が
ある素敵なお店があると、誘われましたので早速行ってきました。

940asasa.JPG

お店の名前は「仁木家」(にきや)さん。

938sdsd.JPG

三田駅より、車で5分ほどにあるお洒落な創作和食のお店です。
ただ、創作和食といってもここの蕎麦は絶品でした!!


960dasdhf.JPG

そして、数々の蕎麦猪口。つい、スマホで写してしまうほど、、、
ここで食事をされる皆さんもパシャ。パシャ。

蕎麦猪口の口径は今でもだいたい5~8cmくらいで、高台がなく、
口へ向けて直線的に広がる形をしているのが特徴です。

蕎麦猪口の原点は白い磁器肌に呉須(藍色)で絵付けされた
古伊万里だといわれています。

951sbbxj.JPG

古くから親しまれてきた蕎麦猪口ですが、最近では様々な色やデザインのものが
たくさん登場しています。


蕎麦猪口1つで普段の食卓からおもてなしまで、シーンを問わず様々な使い方ができ、
いろんな種類のものを集めてみたくなりますね。(笑)

956accc.JPG

鹿田焼を代表する、幾何学的な飛びカンナ模様の蕎麦猪口。
私の所有している唯一の蕎麦猪口です。(笑)

sobacyokoko.jpg
民藝のあたたかみを残しつつ、スタイリッシュな印象を併せ持つのが魅力です。

少しづつ、増えていくのが楽しみな今日この頃です。

   リフォームチーム  浜田




» 京都御所へいってきました。


先週土曜日、思い切って平成最後、御所の桜を観にいってきました!!

kyoutogosyo1bv (360x480).jpg

地下鉄烏丸線「今出川」駅を降りてすぐ。
京都御苑の中にある御所。
広大な敷地に圧倒されるばかりです。

kyoutogosyo6 (360x480).jpg
明治2年に明治天皇が東京遷幸されるまでの500年の間、
ここ「京都御所」は歴代天皇陛下のすまわれる「皇居」でした。

kyoutogosyo2cdch; (360x480).jpg

豊臣秀吉・徳川の時代からは、御苑内に公家や宮家の屋敷が立ち並び、
公家町を作っていたのだそうです。

京都御苑内はとにかく広大。
なんとなく歩き回っていても楽しめます。(笑)



そのなかでも、美しく咲いていたのが数々の桜。

kyoutogosyo5 (360x480).jpg

数種類の桜があると言われています。

kyouto gosyo 4 (360x480).jpg

そして、私が以前よりもっとも見たかったのは蛤御門。
じーっくりと観てきました。

「禁門の変」の場所です。

kyouto gosyo8 (360x480).jpg

禁門の変とは? 元治元年(1864)7月19日、尊王攘夷を掲げる長州藩と、
会津藩・薩摩藩を中心とする幕府勢力が、京都御所で激突しました。
これが「禁門の変」です。
激戦地の地名を取って「蛤御門(はまぐりごもん)の変」
とも呼ばれているそうです。

kyouto gosyo9 (360x480).jpg

激戦の跡が生々しいです。

kyoto gosyo7 (360x480).jpg

こちらの銃弾の跡も
かなり深く入っていて、激戦だったのが
手に取るようにわかりました。

kyoutogosyo6dfakljl (360x480).jpg

今の平和があるもの、幕末の志士たちの
おかげかもしれません。
感慨深いものを感じました。

    リフォームチーム  浜田


» 芦屋マラソン完走しました!


満開の芦屋浜を舞台に、「2019ユニセフカップ芦屋さくらファンラン」
4月7日(日)に出場してきました!!!

marasonn1.png

この大会は1984年に誕生し、今回33回目を迎えます。

なんと、、、私は10キロ:男子(16歳以上)にエントリー。

大会のルールとして制限時間がもうけられ、
 [ハーフ]2時間30分
 [10キロ]1時間30分
 [ファンラン3キロ]30分以内との事。

当日は天気も良く桜も満開で気持ちのよい朝でしたが
なんといっても人生初の10キロマラソンです。

1554685144207 hhjs.jpg

さわやかな潮風をうけつつ、悠々と連なる六甲山をのぞみ、
咲き誇る桜並木の下を通り抜けるコースを愉しみにしていましたが、

芦屋中央公園スタートし、いざ、走ってみると、、、

満開の桜や景色も目に止まることなく必死でした。(辛)
なんとか完走することが出来ましたがこんなにしんどいとは・・・
日頃の不摂生のせいでしょうか。(笑)

1554685144207asddhgf.jpg
初マラソンタイムは1時間18分17秒です。
なんとが制限時間内でゴールできました。

来年も参加できれば1時間を切れるように頑張ります。
(そのためには、不摂生をなんとかしないと、、、)

  リフォームチーム  浜田





当社のフェイスブック

当社のフェイスブック
コムランゲージスクール

コムランゲージスクール