すたっふぶろぐ

» 癒されました!?


子どもにせがまれて
イヌ・ネコを観にいきました!!

inuneko1.jpg

最近はイヌよりネコが人気でペットの数も年々増えているそうです!

でもなんやかんやと言ってもイヌの人気もなかなかのものです。

ちなみに2017年のランキングはこちら↓↓↓↓↓
inuneko2.png

やはり人気の1位はトイプードル
さすがに可愛いですね!
 pu-doru1.jpg
この可愛いいティーカッププードルは120万円!!!
   た、高すぎるーーーーーーー!(笑)

で、ちなみにこのプードルちゃん

月に10000円程でのトリミング⇒(いわゆる散髪)

幼稚園通い月5万程
(週3回10時に登校16時に下校)⇒(いわゆる躾)

ワンちゃん保険 月5千円程⇒(いわゆる健康保険)

年間50万から70万程の維持費がかかるそうです!
(なんだかねぇー。。。)


では2位のチワワは
chicwawa1.jpg
やはり可愛い子なら50万ほど
そして同じく
月に8000円程のトリミング⇒(いわゆる散髪)

幼稚園通い月5万程
(週3回10時に登校16時に下校)⇒(いわゆる躾)

ワンちゃん保険 月5千円程⇒(いわゆる健康保険)
だそうです。
(ふうぅんーーーーーー。)

では最近人気のネコなら、
1位がマンチカン
手足が短くとってもキュートだそうです。
(まぁ、たしかに手足が短くて可愛いけど、、、、、、)
お値段は決して可愛くない感じ。
だいたい30万円

mannchikann2.jpg
2位はスコティッシュフォールド
全体的に丸くて可愛いとか、、、
(確かに丸いけど、、、、、)
お値段は即、マルってにはならない感じ。
だいたい25万円。


sukotesyu.jpg

最後に3位のラグドール
フワフワしていてまるでぬいぐるみの様ですって~!
(ぬいぐるみ、、、っていうけど
 これまた手入れが大変なんじゃないの。)
で、25万円

ragudo-ru.jpg

子ども達は可愛いと連発しましたが
親としては微妙な感じでした。

癒されたような、そうでないような(笑)
 

  リフォームチーム 窪田でした!





» 秋のファミリーBBQ


ようやく秋らしくなってきました。

秋1.png
今年の夏は本当に暑かったですね。

夏の暑さから解放され
庭でBBQを楽しむイベントを開催しました!
と、言っても家族だけですけど、、、、(笑)

まず、簡易のBBQ台をつくりました。
見てください!

この仕上がり!(笑)
DSC_048iruweuo.JPG

近くのホームセンターでU字側溝と耐火煉瓦を
購入し、敷くだけのスペシャルなBBQ台。

DSC_0480fduhd (1).JPG

耐火煉瓦の上に備長炭を置き火をつけ、
あとはアミをのせて焼いていきます。

やはり庭で食べるのは美味しいですね!

このスペシャル簡易BBQ台は3000円程でできます。
秋の季節に重宝しそうです。

   リフォームチーム  浜田





» グランピングキャンプ♪


初めてのグランピングキャンプに行ってきました!!

場所は関西で今話題になっているネスタリゾート。
そう、以前グリーンピア三木があったところです。

nesutareeui.jpg

早速、中に入って観るとまるで外国に来ているかのようです!!!(笑)

nesutakoepwko.jpg

で、そのグランピングキャンプとは・・・

ジャジャ~~~ン

こんな感じです!!!

glamping-img01.jpg
なかなか素敵ですね。

そう、今話題のグランピングキャンプ。

これは、グラマラス(glamorous)とキャンピング(camping)をかけ合わせ造語で、
優雅に自然を満喫できる、超贅沢なキャンプのことなのです。
なので、自分でキャンプ道具を持って行ったり、
テントを張ったりすることなく、快適サービスが受けられるので
贅沢にキャンプを楽しむ新しいアウトドアスタイルとして話題になり、
人気を集めています。

我が家は
キャンプタイプでBBQしました!
中は結構暑いので
外に出て、、、
さあ、愉しむぞ!!!

hdsahkshk.jpg

まずは、材料の確認から
材料も全て用意してくれます。(楽ですね!)

wefwieho.jpg

次は火を起こします!

ifcaoif.jpg

そして、焼きます!!!

sudhiuq.jpg

本当に何から何まで用意されていて
忙しい土曜日、日曜日でも 時間の隙間に行けるそんな感じです。

新しいキャンプスタイル。
最近は国内でも楽しめる場所が増えてきているとききます。
皆さんの忙しい合間にいかがですか?
これからの秋を楽しめるのは間違いないです。

本当に楽しかったです!

         リフォームチーム 浜田

» 家族旅行


8月末少し遅めの休暇を頂き家族旅行にて 

初日は「信州善光寺」
https://www.zenkoji.jp/ 

IMG_2150.JPG

IMG_2166.JPG 11_okaidan.jpg

重要文化財でもある山門 二階には山門本尊の文殊菩薩像、その四方を守護する四天王像、色鮮やかに修復された仏間の障壁画、四国八十八ヶ所霊場御分身仏などをご覧いただくことができます。
(残念ながら写真掲載はできず残念ですが、さすがに晴らしいものでした・・・)

本堂にはお戒壇巡りの入り口があり中に進むと光が一切届いていない真っ暗闇の回廊を壁伝いに回ります。(ほんと真っ暗闇で先が全く見えません。)

お戒壇巡りとは、瑠璃壇床下の真っ暗な回廊を巡り、中程に懸かる「極楽の錠前」に触れることで、錠前の真上におられる秘仏の御本尊様と結縁を果たし、往生の際にお迎えに来ていただけるという約束をいただく道場で、入口には、タイ国王より贈られた仏舎利(お釈迦様の御遺骨)とお釈迦様の像が御安置されています。(家族皆、「極楽の錠前」に触れることができました)


2日目は「旧軽井沢観光」

ttp://karuizawa-ginza.org/ 

IMG_2176.JPG IMG_2181.JPGのサムネイル画像 

旧軽井沢を散策。由緒ありそうな写真館がありジャム販売店がたくさん並んでおりました。(旧軽井沢銀座はかつて旧中山道の軽井沢宿として繁栄した地で、明治後は外国人の避暑地として発展し、外国人が多く軽井沢を訪れ、外国人婦人等の指導でジャム作りが始ったそうで。ジャムの歴史は古くたくさんの専門店がたちならんでいるそうです。はちみつもたくさんお店がありました。)

お土産はやはりジャムに決定 !! リンゴジャム・プリンジャム・あんバタージャムなどなど・・・試食しすぎておなか一杯です。


旅行の締めは 鬼押出し園(上信越高原国立公園)

http://www.princehotels.co.jp/amuse/onioshidashi/

IMG_2193.JPG IMG_2195.JPG

IMG_2244.JPG IMG_2225.JPG

最後は 近隣の軽井沢の雰囲気とはまるで異なる異世界のおうな口径と絶景が広がる「鬼押出し園」へ

一帯は間山の噴火の際に流れ出た溶岩が黒々と広がる国内でも非常に珍しい公園でした

公園中央の浅間山観音堂近くの鐘楼堂で次女と一緒に健康を願い鐘つき致しました。

非常に有意義で楽しい家族旅行でした。

エナジー かいだ

» 休日の過ごし方4


東大寺に家族で行ってきました!!

この日は天気にも恵まれ、最高のお出かけ日和でした。
気温は33℃ぐらいあったと思うのですが、
湿度が無くカラっとしていて過ごしやすい一日でした。
(身体にエコカラットをつけているかのよう (笑))

1503979595076fdfduih.jpg

車でのお出かけでしたが、市街地に入ると早速せんとくん』のお出迎えが、、、

          senntokuunn.jpg
少し走ると今度は、今流行りの『しかまろくん』がお出迎えしてくれて
小学1年生の娘は喜んでおりました。

          shikamarokunn.jpg  

近年、奈良・京都は外国人観光客が年々増えていると聞きます。
新幹線の駅や空港も無く、
有名な名産物もない奈良県がどうしてこんなに
外国人観光客に人気があるのか不思議でした。 

そこで、
観光スポットを調べてみました。

nara_taitle_sahihsik.jpg

人気観光スポット
1位・・・東大寺
2位・・・奈良公園
3位・・・法隆寺
4位・・・春日大社
5位・・・興福寺
6位・・・東大寺金堂(大仏殿)
7位・・・長谷寺
8位・・・薬師寺
9位・・・唐招提寺
10位・・・平城宮跡

なるほど、素晴らし観光スポットが沢山ありますね。

次回は秋に色々と巡ってみたいとおもいます。

鹿たちに別れを告げ

柿の葉寿司を買って家路に、、、(笑)

   150x150_square_kakinoha.jpg

癒された一日でした。

 営業部       お客様アドバイザ-1G 今里

» 休日の過ごし方3


今回は明石海浜ベランダへ一人で海釣りに行ってきました
明石海峡を一望できる、最高のロケーションの釣り場です。

DSC_0384xcZl.JPG

明石海浜ベランダは、明石港の東隣に位置し、大蔵海岸の西隣になります。
こちらの釣り場は、手すりがあり足場も良いので安全です。
小さいお子さんのご家族でも安心ですね。


釣りを始める前に
早速、フナゴシのお出迎いがありました。
(なんだか良い釣りができそうな予感♪ ふ・ふ・ふ 笑)
DSC_0385dusduh.JPG


第一投目からヒット!!

ですが、リリースサイズでした。
DSC_0386eq9qwuo.JPG

 この日も真夏日の猛暑、
日中は地元の家族連れの方々がお弁当持参でシートを広げて
釣りを楽しんでおられました。

中にはおつまみとハイボール片手に釣りをしながら
のんびりと釣りを楽しんでおられる老夫婦なども居られて
時間がゆっくりと流れてるような雰囲気。

夜釣りの方も多くかなりの人がいました。
 こちらの浜は太刀魚とアオリイカのシーズンは
夜から大変混みあう事でも有名です。

そんな私は、魚釣りより日差し対策を考えながらの釣りに、、、


なので釣りの成果はこんな感じ(笑)
(ガシラ・ススメダイ・ベラ)
 DSC_0387DZzc.JPG

釣果は全然でしたがリフレッシュできた時間を過ごせました。


                 住ミカタ営業  大川

» 休日の過ごし方2



夏本番。

今回は、あっ!っという間に終わってしまった

夏季休暇の一部をご紹介。


夏と言えば・・・?

そう! キャンプですね。

ここは佐用町にある「南光自然観察村」。

2泊3日を遊び尽くす拠点です。


DSCN6731.JPG

環境も設備も受付の方も、なかなか良い感じ。

さっそく拠点づくり。

荷物いっぱい・・・(汗)

DSCN6734.JPG

子供たちもお手伝い。 ↓ このあと脱輪して大惨事に(涙)

DSCN6735.JPG

息子も叩いて。

DSCN6738.JPG

娘も叩いて。

DSCN6739.JPG

拠点完成。(この時点でお父ちゃんのエネルギーは残りわずか)

DSCN6740.JPG

でも、遊びに行く。

佐用町はひまわり畑が有名らしい。 ってことでGO!

DSCN6705.JPG

近くにある「夏の2週間ほど」しか解放しないらしいひまわり畑へ。

結構な坂道を登るのですが、このあと私の背筋が凍りつく一言が娘から放たれます・・・

「お父ちゃん、抱っこちて」

エネルギーは限りなく0近くに。

でも、頑張るとこんな景色が待ってます。

DSCN6715.JPG

なかなか良い感じ。 背丈もかなりあります。

DSCN6712.JPG


夏のキャンプの夕暮れ時、心地よいヒグラシの鳴き声を聞きながら

山奥の濃厚な空気を吸い込んで、子供たちの記憶に残るように

「少年時代」を半ば強引に聞かせ、夜は更けていきました。


夜は静寂を楽しみながらの女子会です。

DSCN6765.JPG



2日目・3日目は川遊びにお寺詣りに温泉に・・・

↓ 千種川。 かなりの清流ですが、キンキンに冷えてます。

DSCN6774.JPG

↓ 由緒ある真言宗のお寺の参道。

もちろん、この階段の途中でも娘からの凍りつく一言が・・・。

DSCN6784.JPG

↓ 近くにある、エーガイヤおんせ・・・ん? ん?

ぬがっ!カメラが・・・痛恨の充電切れっ!





そんなこんなで、カメラの充電も切れ

エネルギーも切れたお父ちゃんですが

幸せな2泊3日でした。

来年はどこいこかなぁ・・・。



住ミカタ提案チーム たなか

» 東灘ソウルリバー


東灘区民の愛してやまないソウルリバー住吉川・・・
夏が来ると市民プールに早変わりします。(笑)

001werwtqyr (1).JPG

この住吉川は
暑くなると水遊びをしたり魚とりをする親子連れでいっぱいに
なります。

生活排水の流入がなく、水がかなりきれく浅いので
幼稚園や小学生の水遊びには最適のスポットです。
(おや、中学生らしき姿も発見、、、笑)

001werwtqyr (2).JPG

小さな子ども達は
きれいな石を集めたり、魚を追いかけたり・・(住吉川の下流近く)

付き添いの大人たちは
橋の下の日陰をゲットして子ども達の様子を伺っています。
なんとも優雅な時間が流れていますね。

住吉川は
毎年夏休みに子供達に川と親しんでもらおうと、
親子水辺フェアも開催されています。
 また神戸市環境局の「水辺教室」や
東灘消防署の「水のアーチ」
 甲南大学生による「工作教室」「金魚のすくいどり」等
夏休みのイベントもたくさんあるようです。

私も子どもの頃よく川で遊んだものです。

まだ、イベントがあるようなので
皆さんも親子や友達同士で参加されてはいかがでしょうか。

     住ミカタ営業  大川









» 夏のモツ鍋!


連日、暑い日が続いております。

MP900400016.JPG

だからこそ、我々リフォームチーム御用達の
夏にピッタリなお店を紹介します!!
(有本さんとよくご一緒します 笑)
 
もつ鍋専門店『才谷』
JR神戸駅北出口を出て高架沿い東側徒歩3分程行ったところに
もつ鍋専門店で有名なお店です。
 
こちらのお店は予約がとれないでも有名で
だいだい1.2ヶ月前から予約して行くのがベストだとおもいます。
 
 motu6.jpg  motu.jpg

メニューはこんな感じです!

motu7.jpg

味噌と醤油がありますが、
お勧めなのは、やはり味噌です。

motu2.jpg  motu4.jpg

モツがプリプリでかなり神戸でも美味しいモツだと私は思います。
お味はニンニクはきいていますが、味噌は控えめ。
 
ニンニクの香りが食欲をさらに増進させてくれます。
また、モツが重くなく、ビールとの相性抜群なので
次々と口に運んでしまいます‼︎(笑)

たっぷりとお野菜も入っておりボリュームも満点です。
夏の食欲が落ちてくる時にピッタリでしょ!

こちらは、↓↓↓↓↓ 「酢キモ」

motu3.jpg

「酢キモ」は歯ごたえがよくお酒のあてには文句なしの一品。

こちらは、↓↓↓↓↓「牛のたたき」
 
motu5.jpg
「牛のたたき」が抜群に美味くて、
たたきとのことですがステーキのような感じです。

肉も柔らかく味付けも濃くなく薄くもなく絶妙な出来上がりなので
ぜひ行かれたら注文してみてください!!

暑い夏、それぞれの過ごし方はあると思いますが、
バテてきたら、早めに予約をして行ってみてください!

価値のある、とにかく美味しいお店ですー!

   リフォームチーム  窪田でした







» 劇団四季『ノートルダムの鐘』


『ノートルダムの鐘』京都公演初日に行ってきました!!

imagesZVPX9FTEdahiodhisohd.jpg

劇団四季のミュージカルは子どもも私も大好きなので
何度か観劇しているのですが、
初日公演は初めてなので、
行く前からワクワクドキドキがとまりませ----------ん。(笑)

(京都劇場入口です。沢山の人です。。。)
IMG_9972llaoauuh.JPG

(初日公演のキャストです。主人公カジモドは飯田達郎さん。)
IMG_9967owuytdw.JPG


『ノートルダムの鐘』は世界的文豪ヴィクトル・ユゴーの代表作です。
「Notre-Dame de Paris(ノートルダム・ド・パリ)」
(1831年出版)を題材にしたミュージカルです。

今回のミュージカルは、よりぐっと大人向けでたいへん重厚な人間ドラマで、
色々と考えさせられました。

舞台物語は1482年1月6日の朝。
パリ・ノートルダム大聖堂の鐘の音が舞台に鳴り響き、
人々が大聖堂に集まり聖歌を歌うところから始まります。

主人公カジモド。「出来そこない」という意味である青年。

img_1no-torudamu.jpg


その名の通り容姿の醜さから大聖堂の鐘楼に閉じ込められ、
鐘を鳴らすことのみの仕事しか与えられず
ただ塔の上から街を眺めて暮らすカジモドに、
年に一度の"道化の祭り"の日がやってきます。

imagesgfwigeu.jpg


日頃は虐げられているジプシーたちも、この日は自由に街を出歩ける日。
賑やかな街の様子に我慢できなくなったカジモドは、
ついに塔を抜け出してしまいます。

ここからこの舞台の核心をつく物語が始まります。

ノートルダム大聖堂の大きな鐘。薔薇窓の美しいステンドグラス。
美術も大変見応えがありました。(感動!!)

hedhqwih.jpg


後から、公演プログラムに載っていた大聖堂の写真を見て驚いたのですが、
これが、本物とそっくりなのです!

ここまでこだわって作られていたのか、と感心しました。

また、劇団四季では稽古場に
「慣れだれ崩れ=去れ」「一音落とす者は、去れ!」
稽古場に貼り付けられている言葉だそうです。
浅利慶太さんの厳しさうかがえます。
劇団四季ミュージカルでの感動は劇団員の皆さんが
自分に厳しく稽古をされているから味わえる感動だと思います。


この舞台の観劇をとっても楽しみにしていたので
観終わった後の高揚感は半端ではありませんでした。
(きっと劇に気持ちが引き込まれたのでしょうね。笑)

京都をブラブラしながらなぜか満腹感を味わいながら家路に向かいました。

(京都駅です。)
kyoutosute-syonn.JPG

    リフォームチーム  すさみでした!